ミスター自警団

趣味とか投資とか家庭とか。あとちょっとだけ仕事とか。そういうの。

備後府中焼きを食べましたの巻

昨日の日曜日、神田まで行って備後府中焼きを食べてきました。

その前日の土曜日に、ぶらり途中下車の旅で紹介されていたのをたまたま見たんですね。
僕は別に、それほどお好み焼きは好きではないんですけど、ウチの奥さんがお好み焼きが大好物なんですね。
しかも、広島風お好み焼きが。
なので、「連れてけ!連れてけ!」うるさかったもんですから、仕方なく行ってきました。

都営新宿線小川町駅前にある、『備後府中焼き・広島県府中市アンテナショップ  NEKI』に。
 

 
まあ、何と言いますか、オワコンだのなんだの言われても、テレビの影響力はすごいですね。
お茶の水からも神保町からも、ましてや秋葉原からも外れている、それこそ会社以外に何もないところに、日曜日だっていうのにこれだけ人が集まるんですから。

まだまだテレビも捨てたもんじゃないみたいですね。
僕はあまりテレビを見ないのでよくわからないですが。

で、話を戻して備後府中焼きです。

いわゆる、広島風お好み焼きと似ていますが、ちょっとだけ違いがあって、肉がバラ肉じゃなくてミンチ肉なんですね。
で、ミンチ肉の脂で麺がパリッと揚げ焼き状態になることで、そばがカリッとした食感になるのが備後府中焼きの特徴です。

 

で、そのそばをうどんに変更することができるんですね。
うどんに。


ウチの奥さんによれば、広島では割とあるみたいなんですよ。
お好み焼きにうどんっていうのは。

で、これが備後府中焼きです。
 
f:id:mr_jikeidan:20190317182228j:plain
 
えっ?味ですか?

 

そんなもん、どう考えたって美味いに決まってるじゃないですか。
ああ、ちゃんと感想をいうとですね、ミンチ肉の脂でカリカリになったそばの食感が新鮮でいいですね。
で、そばに肉の旨味がしみ込んでいてこれがなんとも美味いです。
で、さらに、カリカリのそばの食感で粉もの感がなくなって純粋に美味しい味がダイレクトに前面に出てきている感じがいいです。

これは、いいですよ。

美味しいですよ。


どのみちテレビの集客効果なんてすぐ収まるでしょうから、ほとぼりが冷めてちょっと空いてきたころにまた行きたいと思います。