ミスター自警団

趣味とか投資とか家庭とか。あとちょっとだけ仕事とか。そういうの。

玉姫稲荷神社のこんこん靴市に行くの巻

4月も末の28日。

日本中が改元で浮かれている中、浅草っていうか、山谷にある玉姫稲荷神社で行われた

『こんこん靴市』に行ってきました。

 

www.tokyo-jinjacho.or.jp

 

www.city.taito.lg.jp

 

山谷にあるという位ですから、まずは南千住駅まで行きまして、そこから徒歩で向かうわけです。

 

ですけどね。

生まれてこの方、35歳になるまで東京都民をやっていたわけですが、南千住って降りたことがないんですよね。

ましてや山谷なんて行ったこともないですよ。

 

っていうか、行っちゃいけない場所だと言われていましたしね。

アンタッチャブルで法と秩序の存在しない修羅の世界だと思ってましたからね。

 

で、そんなところに何の気なしに行ってきました。

 

まずは南千住駅を出て路線橋を渡るんですが、ここが皆様おなじみの隅田川駅ですね。

 

f:id:mr_jikeidan:20190429193849j:plain

 

それにしてもいい天気ですねえ。

そして何より殺風景な街ですねえ。

 

f:id:mr_jikeidan:20190429193944j:plain

 

そこかしこに、いい感じに朽ちかけた建物が点在しているのもたまらないですね。

 

そして、走行しているうちに泪橋の交差点に差し掛かるわけです。

 

泪橋』といえば、小塚原刑場とあしたのジョー、そして山谷ですね。

否が応でも、気が引き締まりますね。

ここから先は安易に写真なんて撮れませんね。

 

で、緊張しながらしばらく歩くと、ようやく、現地に到着します。

 

f:id:mr_jikeidan:20190429194103j:plain

 

凄い人出ですね。

そして、靴屋さんとカバン屋さんを中心として、帽子屋さんと服屋さんが集結していますね。

 

 とはいえまずは、神社のお祭りですから、靴やらカバンやらは後回しにして、神様にご挨拶を。

 

f:id:mr_jikeidan:20190429193931j:plain

 

写真だとすごく並んでいるように見えますけど、この並んでいる列のほとんどの人は福引の列なんですね。

ほとんどの人はお参りとかしていないんですね。

 

それはどうかと思うんですけど。

 

で、このお祭りは、近所の靴関連の業者さんが主催らしく、靴を中心とした皮革関連の即売会的なものではあるんですが、一応、神社のお祭りなので、お神輿もあるそうです。

僕が行ったときにはタイミングが合わなかったので、練り歩きは見ることができませんでしたが、お神輿は間近で見ることができました。

 

f:id:mr_jikeidan:20190429194115j:plain

 

f:id:mr_jikeidan:20190429194026j:plain

 

皆さんおなじみの、『日本最大の靴神輿』と『シンデレラの靴神輿』ですよ。

 

いやあ、この練り歩きは見たかったなあ。

こんなの、絶対シュールでたまらないですよ。

いやあ、残念だ。

次は何としても見たいもんです。

 

そして、この神社では、履き古した靴の御焚き上げも沿ていただけるそうで、超絶シュールでたまらないお神輿の奥に靴の山がありました。

 

f:id:mr_jikeidan:20190429194011j:plain

 

ちなみに、神社そのものはなかなかコンパクトにまとまっている感じで、住民に親しまれている町の神社といった感じでした。

 

なお、地元業者さんの即売会的なところで売られていた靴やらカバンやらは、対象年齢が高めなものが多かったので、僕は買いませんでしたが、お値段的には確かに安く、また、中には正真正銘の掘り出し物も潜んでいたりしたので、見ているだけでも楽しかったです。

 

毎年、4月の最終の土日に開催されるそうなので、靴やカバンを安く買いたかったり、シュールな練り歩きを観たかったりという方はぜひ行かれたらいいと思います。